2012年03月11日

今日は3月11日

C-213 (0-00-06-00)のコピー.jpg
一年前のあの日
戦々恐々とした
ここは千葉県だが、かつて体験したことの無い揺れにみまわれた
つるしたキッチン横の電球がパンチングボールのように
跳ね回る姿をはっきり覚えている
水槽の水で水浸しになった床のあとしまつと
トイレの水槽からこぼれた水の後始末などを
先にやった

ガスがこわかったのでその日いっさいガスを使わなかった
倒れたテレビをとりあえず引き起こしてつけた
デスクのまわりはぐちゃぐちゃで
つかってた液晶モニターにくもの巣がはしってた
家主の住宅供給公社からのアナウンスはなんもなかったな(笑)

ひどい状況はこの日から始まっていくわけだが
いまだにのほほんと生きているのも確かだ

どうなってしまうの?
という状況だった

ひとつ疑問がある
千葉であの揺れだったのに
しかも異常極まりない揺れだったのに
震源ちかくの人たちも普段とは違うのにはすぐきづいたろうに
逃げない人がなぜあんなにいたのだろう…
これだけが疑問点で残っている

自身の環境も結構変わっている
次はどうなるかどうなっているか
わかろうはずも無いが

さて、決着をつけねばならない
こんな同人アニメだが
くぎりをつけないと

背景はほぼ終了といってもいいか
あと、ちょっと作画を追加しないといけないが
ムービーの作画作業は完了だ

のこり半分
某特撮映画の特集番組でハリウッドの音響監督が
映画の半分は「音」だと、のたもうていた
たしかに音なしの映像のみなんて見れたもんじゃない
どんなに特撮部分に金をかけていようが
サウンド部分のウェイトはひどくでかい

時間はそうは食わないだろうけど
かなり大変だ
posted by takamizu at 23:24| Comment(0) | 作成過程

2012年03月07日

今日は休みだった

C-282C (0-00-00-19)のコピー.jpg
仕事のシフトがそうなってるので
今日は意味無く休みだった
昨日は雨で
自転車のロックの鍵が回りづらくなってきたので
鍵をかけずに部屋に上がった
鍵に油を刺すためだが
戻らずに一晩くらいいいだろうと放置したら

自転車を盗まれた…あははははははははははははは



一晩だぞ
たったの一晩!
なに?なんなの?

毎日物色してうろうろしているのがいるって事?
あまりのことに唖然としてしまう今日一日



作業はすすんでいない
残り背景11枚

気力が萎えた


まどマギだが
ブルーレイを繰り返し見ている
素で見た回数が二回くらい
コメンタリー再生も二回か三回…
それで我慢できずにニコニコでパックを買う
コメントつきで今日一日通しでみてしまう

うーん
この一年まったくみてなかった反動もあるが
なるべく見ないようにしていた二つのうちの一つ

擦り切れてしまうのがこわくてなるべく温存していた
と、いうのがある
あまり繰り返し見てしまうと
さすがに飽きてしまう…というのは確かにある

二つ目の理由は…いま、身をもって体感している

鬱だ

ナニを言おうがコレ、視聴後、たまるものがある
下腹にずっしり来る
すがすがしく楽しい気分には自力で振り切っているのであって
作品からはやはり鬱の成分がでてきて心にたまる
あかるい娯楽作品ではないよな



また、三つ目の理由になってしまうが
本家をみると自作のコレがみすぼらしいので
それでがっくりしないようにしていたというのもある
ああ、あと11枚なのになぁ


前回のつづき

当時の熱狂をおもいだしてみる

八話で私は本放送に追いついた
ネットでその熱狂を追う
もちろん先読み競争のあらしだった
画面の隅に書かれた文字まで分析し
意味ありげなカットとかまで何かあるだのの槍玉にあげられていた
やはり三話からぐーっと話題性があがり広がっていったのは
いうまでもない

各話の感想をのべてもいまさらだし
ほとんど意味が無いだろうしやらない
自分がどうしてみていったのかしるしてみたい

萌えアニメには一定の嫌悪があったのは確かで
(べつに萌えアニメが悪いわけでもないが)
どこで変わったのだろうか

一話冒頭でのあの有名なシーンで
ほむらにビルがどーんとなるところでも半笑い
家族のシーンがつづくがこれも、フーンてな感じ
友達との登校シーンも、まあまあそうだろって感じ
転校生のシーンから廊下の意味ありげな会話も
別になにも感じなかった
前にも書いたが、定番すぎるし
前フリとしても平凡にすぎる

やはりQBから巴マミ、犬カレー空間とかからか?
まどマギは非常に登場人物をしぼった状態で進行する
セッティングにちょっと変わった感じは受けたし
巴マミ自体もそう変わったファクターはなかった

うん、やっぱりこれにつきる
物語を(みている側に)説得して進行しようという
作者の意思を感じたからだろうか
今思っても一話をもしみていたら
絶対続きを追っていた…と、確信できる

それくらい他のものがひどいのだ
ちらちら見る事があるんだけど、何をどうしようとしているのか
頭の中にはてなマークがいっぱいになるようなものがほとんどだ
何がいいたいのみたいな台詞とか意味不明なシーンに
おいてけぼりなギャグ?がいきなりはいったり

シナリオの脆弱さが原因と見られる
なんだかわからない流れで
みるのをあきらめる…というケースが多かった

すぐに二話が見れるから(ニコニコのパックだったし)というわけでもない
見たくないとおもったらすぐにやめただろう(金が無駄になったとしても)
二話は全編を通してもおとなしいエピソード
魔法少女のあり方を説明していく
しかし、怪しい雰囲気も出始める
私はインキュベーターの解説を見てしまってから
視聴をはじめているので、ソノ分公平さは無いのだけど
シナリオの、笑ってしまうほどの丁寧な進行に期待度は
増して言った

丁寧に進行するとまずいことがある
ずっと書いてるが、
先読みしやすくなるのだ
先がわれるドラマほどつまらないものは無い
よって、いまどきのシナリオは意味ありげで
つながらないようにする傾向がある
見てる方からすると拒絶のシナリオ進行だ

でも、そうしたらこのアニメはいったいどうするのだろう
興味と期待は膨らんでいく
三話でアレがあり
四話で人魚姫が始まる
サイドでファウストも進行中
これは明らかに先がよめる
…が、それは作中の人物の破滅を予感させる
キャラクターを人質にとられているかたちになり
目を離せなくなる…
感情移入のさせ方は舌をまくくらい上手かった
しかも感情移入を完了したくらいのタイミングで
キャラを退場させてしまうという
とんでもない(商業主義という見地からも)事をやっている

失敗したら目もあてられない…

ストーリー優先主義!
しばらく死んで打ち捨てられていた構成じゃないか
でも、いいストーリーの中でこそキャラも光ろうというもの
キャラクター優先構成は今やどんな分野でも当たり前
そうしないでどうするか…という現状
よくできたなあ

事実八話で予感できたのは次で青と赤が退場してしまうということ
だって主要登場人物がほとんどいないんだよ
クライマックス直前まできているのにもかかわらず

かさねて書いているが
ネットの先読みはともかくネタばらしを回避するために
非常に苦しい状態におちいっていた
ネットを遮断するみたいな事もしなければならなかったが
なにかぽろぽろとこぼれてくるのを見てしまったりして
非常に歯噛みした

本放送二回目となる九話をみて
かなりクールダウンする
この辺も前に書いたので省略
クールダウンした人は結構いたようで
九話Aパートは今でもわりと飛ばしている(笑)

しかし、ひきつけられた気分はそうやすやすとは
引かなかった

そして3月11日がやってくる

アニメどころでもなかった

家の中、むちゃくちゃだったし生活面において
いろいろな事があってどうしようもない日々がつづいた

で、何かの手違いか(笑)
10話がニコニコにて公開される

私はとりあえず見なかった…のだが
テレビの正常運転が当分無い様子であるのと
無料公開期限がせまっていたのもあり
(要するに発売でもされない限り見ることはできない、
もしかしたら半年、一年とか、あるいは永久に…)
意を決して十話の視聴にふみきる
こんな事を書くと大げさに聞こえるかもしれないが
本当にひどい状態だった…あのとき…

それにやはりぽろぽろネタバレ画像やらがネットに蔓延していたのもあり
ちょっと気になって十話解禁の当日をトレースしてみた

…あんな災厄があったのに当日最大再生数をたたき出してて…orz

西日本だけであの数字になるか?
飢えた状態でもあるだろうけど…なんか…ひどいとおもった(笑)
五十歩百歩か?結局私も見たのだけど大分切羽詰ってからだけど

ま、そのあと11、12話の無期延期状態に陥るのだけど
重苦しい状態が日本を支配し続ける事になる

まどマギの中のテーマと現実の状況というのが
不自然にリンクしていたのも確か
このシナリオがかなり前にできていたというのも
不思議な感じがする

熱狂したし、のめりこんだりもした
そして忘れられない作品になったのも確かだ
2011年にこのような作品に出会えたのは
幸せだし感激もした
何なんだろうね最初から最後まで不思議な作品だった

posted by takamizu at 20:19| Comment(0) | 作成過程

2012年03月04日

希望と絶望は…

C-276 (0-00-01-00)のコピー.jpg

現在のこり背景11枚…

ああああ、ここまできた
しかし、どんどんきつくなる…
漫画かいててもこの背景どうしようとか最初に思ってたやつとか
最後までのこってたりして苦しめられる

今回も例外ではなく
最初のうちからここどうしようとか思ったのばかりのこっていて
今現在、ここどうしようとか思っている
ゆえになかなか進まない

ああ、320枚ほどが終わってもうあと少しなのに
全然終わる感じがしない

しかも、ちょっとばかり書き足さないといけない
カットもすこしある

うーん…

いつごろ終わるだろう
今月中なのは間違いないが
posted by takamizu at 20:26| Comment(0) | 作成過程